期間工へ応募する方法には、大きく分けて2種類あります。1つは、直接メーカーが出している求人に応募することです。メーカーによっては、直接の応募しかできないことがあります。もう1つは、派遣会社から出されている求人に応募することです。

若くて体力がある人の場合、派遣会社から「自動車工場で働いてみませんか?」などと声がかかることもあるようです。誤解してはいけないのが、派遣会社から求人が出されているからといって、期間工は派遣の仕事ではないということです。一時的に派遣会社に登録をしてサポートを受けることにはなりますが、正式に採用された後はメーカーとの直接雇用となります。メーカーとの直接雇用となりますので、メーカーの契約社員となり、福利厚生もメーカーのものがうけられます。

派遣社員ではなく、契約社員であるということは誤解しないようにしておきましょう。どちらがおすすめかということは、ケースバイケースなので一概には言えません。派遣会社から出されている求人から応募すると、派遣会社から入社祝金が支給され、さらに自動車メーカーからも入社祝金が支給されるというように、ダブルで特典が受けられることもあるようです。なるべくさまざまな求人を比較して、一番自分に合っていると思ったところに応募をするのが良いでしょう。

メーカーに直接応募した場合でも、派遣会社から応募した場合でも、難易度はそれほど変わらないという意見があります。自動車メーカーの期間工の仕事の場合、ハードな内容となるので、採用されることが重要なのではなく、健康管理をしっかりとして、6ヵ月間の契約期間を満了までしっかりと働けるかどうかが重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です