期間工の募集する企業は、大手の自動車メーカーや電機メーカーなどが主流となり、配属先によって仕事内容が違ってくることとなります。ただ募集要項などでは自動車の組み立て作業、電気機器の組み立て作業などの製造工程での仕事となり、比較的に単純作業となります。工場内部はオートメーション化されていますが、中にはオートメーションになじまない作業が存在し、それを行うための人為的な作業を主に担当することとなります。実際に期間工の仕事は、ベルトコンベアなどで自動車部品が流れてくるため、それに機器を取り付けたり、組み入れたりするなどの作業で訓練すれば身につく仕事が多いです。

専用の機械を用いたりすることもあるため、捜査方法や操作手順を覚えておく必要もあったりします。ただ判断力や注意力が問われる仕事に分類されるため、そういった能力がある方で一人で黙々と作業をこなす事が好きな方には適職かもしれません。他に自動車整備や電気工事、メカニックの知識に優れている方だと現場になじみやすいです。資格を所有していなくても働けますが、資格を所有していると現場で重宝される可能性はあります。

なお期間工でもその現場で長年、配属先を配置換えするなどして様々な仕事をこなす中で熟練の域に達することもあります。そうした方も現場で頼られる存在となり、社員の登用やまとめ役などの重要な職務に服するなどに至るケースも存在します。ただ期間工は、契約期間の定めのある社員としての扱いとなるため、将来的には契約期間の満了と共に仕事を終了することも多いです。一時的な仕事として採用されやすい中で、契約期間を区切って仕事をやめる形になり、20代の若年層を積極的に大量に雇用している点でも明らかとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です