日本のものづくりの現場には雇用期間に定めのある期間工と呼ばれる求人枠で採用された労働者がいます。ある程度以上の規模の製造業には、一定の割合で期間工が存在していると考えられています。この仕事はいわゆる非正規雇用の枠組みの中に入るのですが、待遇については比較的恵まれていると言う点も特徴となっています。製造業においては必要な仕組みとして全労働力のうち、一定の割合を期間に定めのある従業員で構成する仕組みを採用しているのです。

期間工の契約における一般的な契約期間は企業によって大きく異なっています。その製造業の労働力をバランスよく維持するための仕組みをどのように調節しているかによっても違いがあるのです。このように安定しない仕事であると言う事情からあまり人気のない仕事であると考えられやすい傾向にありますが、実際にはこのような職種を好んで選択する人も存在しています。例えば遠方からの出稼ぎ労働者にとっては魅力的な特徴をいくつも備えているのがこの期間工の求人なのです。

出稼ぎ労働者にとって魅力的に感じられるポイントとしては、期間の定めのある契約であると言う特徴からスケジュールが立てやすいというメリットがあります。もともと本業を別に持っていて働くことのできる期間に限りのある場合にはこのような採用の仕組みが大きなメリットとなる場合が少なくありません。また出稼ぎ労働者が助かる仕組みとして、契約期間中の宿舎が整備されている企業が少なからず存在していると言う点にあります。遠方から出稼ぎに出てきた場合生活の場を悪をすると言うのは1つのハードルとなりますが、定められた期間中だけ生活する場を用意してもらえると言う仕組みが大きなメリットとなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です