無料相談で弁護士と話す時の注意点

人によっては様々な悩みがありますので一概には言えませんが、法律に関する悩みであれば弁護士に相談することで解決の糸口が見えてくるのではないでしょうか。相談料等の金銭的な問題もありますが、無料相談を利用すれば関係はありません。実際に無料相談に行く際にはいくつか注意点があります。例えば相談にはできるだけ本人が行くということです。

仕事が忙しい、介護で離れられない、身体的な理由で外出が難しい等、本人が相談に行けない理由は色々とありますが場合によっては弁護士から何らかの選択を迫られることもあります。その時、本人でなければ当然返答はできませんし弁護士もそれでは話が進まないので困ってしまいます。法律問題では今後どうしていくのか選択をしなくてはならないケースが多いので、代理人が相談に来るのはあまり良くはないでしょう。また、時系列に出来事をメモしておくとかなり相談内容を理解してもらいやすくなります。

いくら弁護士だからといっても起こった出来事をランダムに話されては内容の理解に苦しみます。言葉にしにくいこともメモにしておくことで理解してもらえます。中には無料相談だからといって話す内容を控える人もいますが、弁護士には守秘義務がありますので話した内容は一切漏らすことはありません。無料相談でも通常の有料の相談と同じようにアドバイスをしようとしてくれますので、自分にとっては些細なことでも大きなキーワードになる可能性もあります。

包み隠さずありのままを話すことが大切です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*