気になる自己破産による債務整理にかかる費用

自己破産という言葉は、多くの方がご存じでしょう。自己破産はそれまでの借金を、全て清算できる債務整理です。債務整理には自己破産を初め、様々な種類がありますが1番借金問題を、解決する効力に優れている自己破産を検討している方も、いるのではないでしょうか。自己破産は裁判所で免責が認められれば、それまでの借金を全て整理する事ができます。

いわば借金がチャラになるので、金銭的な問題を大きく解決できますし、人生の再スタートも切りやすい債務整理と言えるでしょう。自己破産は自分でも申し立てが行える為、個人で借金を整理するという事も不可能ではありません。自分で自己破産を行う場合にかかる費用ですが、収入印紙代にや予納金などを含めると約3万円から5万円程度で自己破産の、申し立てを始める事ができます。この時、管財事件となれば20万円から80万円程度の費用が、必要になるケースもあるようです。

自分でも行える自己破産ですが、裁判所に提出する書類を作成したり、裁判所でのやり取りもある事から、何も知識が無いとスムーズに進められないかもsれません。このような場合は、やはり法律のプロに依頼した方が、より早く借金を整理する事ができるでしょう。司法書士に自己破産の依頼を行った場合、平均して約20万円から40万程度が平均です。弁護士に依頼した場合は、平均して30万円から60万円程の費用が必要になります。

これらの費用は着手金や報奨金などを、含めたものとなっています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*