マルチサイクロンの働きと活用事例

マルチサイクロンとは、水の中から不純物を取り除くことができる装置のことです。装置内に複数のサイクロンが備わっており、稼働することで異物と水を分離する働きがあります。見た目は筒状の形をしており、均一な太さの上部から下部に進むにつれて少し細くなる造りとなっています。内臓されたサイクロンによって、水中に含まれている汚れや異物を取り除きます。

異物が含まれた水が装置に取り込まれると、サイクロンのある部分に流れ込みます。これが強く回転することで生じる遠心力を利用して、異物が分解されます。異物は次第に下方へ移動し、汚れの取り除かれた水と異物に分離される仕組みとなっています。装置下部に備わっているタンクの中には、取り除かれた汚れや異物が詰まっています。

留意しておきたいことですが、この装置を利用すればあらゆる汚れが取り除かれるというわけではありません。分離できる汚れには大きさの限度がありますので、装置の内部でろ過なども同時に行う必要があります。マルチサイクロンは一般的に化学工場や金属工場、食品加工工場などで利用されることが多いです。これらの工場では製品化する前に異物を取り除くことが重要視されていますので、装置の使用は欠かせません。

また、下水処理場では汚水の浄化を目的として活用されているケースもあります。汚水をろ過する工程の前にマルチサイクロンを活用するこことで、異物を取り除きろ過にかかるコストを削減することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です