マルチサイクロンが異物を除去するメカニズムとは

マルチサイクロンはろ過装置の一種ですが、フィルターを使わず遠心力で異物を分離します。細かな木片や金属粉なども、マルチサイクロンを使えば強力な遠心力で取り除くことが可能です。この装置は異物を効率的に除去できるだけでなく、メンテナンスをしなくても性能を維持できるというメリットがあります。フィルターを使うタイプのろ過装置は、長期間にわたって使い続けると汚れが溜まり性能が低下します。

例えば緩速ろ過と呼ばれるタイプの装置は、砂利をフィルターとして使うため内部に汚れが侵入して腐食することがあります。このタイプは時間をかけて水中の異物を取り除くのが特徴で、砂利の中に含まれる微生物や藻類が細菌や悪臭なども取り除いてくれます。しかしこの装置を使い続けているとフィルターに汚れが溜まって性能が低下するので、頻繁に交換しなければなりません。マルチサイクロンはフィルターを使わないので、汚れが溜まって性能が低下する心配は不要です。

この装置には下部に透明なタンクが設置されており、水から分離された異物が溜まる仕組みになっています。またドレンバルブを開けば簡単に排出できるので、メンテナンスをしなくても性能を維持できます。マルチサイクロンはメンテナンスをしなくても異物を効率的に除去できますが、弱点も存在します。対応可能な異物の大きさが限られているので、様々な大きさの異物が含まれる水を浄化したい場合には他のタイプのろ過装置と併用する必要があります。

マルチサイクロンを他のタイプと併用すると、フィルターに汚れが溜まるのを遅らせて交換の手間やコストを省くことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です