マルチサイクロンは様々な場所で使われています

マルチサイクロンは強力な遠心力で水中の異物を取り除くろ過装置の一種で、食品工場や化学製品工場など様々な場所で使われています。この装置は木片や金属粉など細かい汚れを短時間で取り除くことができます。製造業の現場では水中に含まれる特定の物質を取り除かなければならないことがありますが、スタッフが手作業で行うと時間がかかってしまいます。マルチサイクロンを使えば遠心力で素早く異物を取り除けるので、現場の作業効率が高まり人件費などのコストを削減できます。

このタイプのろ過装置は金属を加工する工場や、汚水・汚泥の処理施設などでも活躍しています。汚水や汚泥には様々な大きさの異物が含まれているので、緩速ろ過など他のろ過装置を併用するケースも多く見られます。緩速ろ過は砂利を多層に敷き詰め、時間をかけて水中に含まれる異物を取り除きます。危険な薬品を使う必要がなく、藻類や微生物の働きで細菌や悪臭も取り除けるため人気があります。

マルチサイクロンは優れた性能を備えていますが、対応可能な異物の大きさに上限が存在します。汚水や汚泥の処理施設のように、様々な異物が混じっている場合には異なるタイプのろ過装置を併用するのが効果的です。マルチサイクロンは内部に設置されている複数のサイクロンによって強力な遠心力を生み出し、水から異物を効果的に分離します。下部の透明なタンクに溜まった異物は、外部から確認できるだけでなくドレンバルブを開いて排出できます。

メンテナンスが不要で効果的に異物を除去でき使いやすいため、様々な製造業の現場で活躍しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です