アルカリ洗浄液の具体的な特徴について

アルカリ洗浄液は油脂の成分である脂肪酸と化学反応を起こして、一種の石鹸を生成します。この石鹸がアルカリ洗浄液と協力するため、油汚れを効果的に取り除くことができます。またアルカリ洗浄液はタンパク質を構成するアミノ酸の結合を切ったり緩めたりする働きがあるため、弱い力を加えただけでも除去できるようになります。垢や食べこぼしなどのタンパク質汚れが付着した場合には、重曹水などの洗浄液を試してみるとよいでしょう。

キッチンで発生した油汚れやリビングに付着した垢など、軽い汚れであれば弱アルカリ性の重曹水でも十分対応可能です。重曹は自然由来の成分で作られており、ふくらし粉として料理に使われることもあります。素手で触れても問題なく、環境も汚染しないので気兼ねなく使うことができます。飲食店などでは、強固な油汚れやタンパク質汚れを落とすために業務用のアルカリ洗浄液を使用することがあります。

pH14と強アルカリ性の水酸化ナトリウムは、非常に強い洗浄力を備えている一方で劇物に指定されています。厚く堆積した油汚れやタンパク質汚れも素早く落とすことができますが、怪我をしないようにゴム手袋やマスクを使うなど慎重に作業を行わなければなりません。アルカリ洗浄液はアルミニウムと反応して腐食させる性質があり、アルミ製品を洗浄する場合には濃度に気をつける必要があります。市販されている洗浄液の中には、強アルカリ性でありながら人体や環境に優しくアルミニウムを腐食させないものも存在します。

様々なタイプの洗浄液が存在するので、用途に合ったものを選んで使うとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です