蓄積した油汚れにはアルカリ洗浄液がおすすめです

液体の性質の強さはpHという0から14までの数値で表され、8よりも大きい場合がアルカリ性とされます。アルカリ洗浄液は油汚れやタンパク質汚れを効果的に除去できますが、製品によって液性の強さに違いが存在します。例えば自然由来の成分で作られた重曹は肌に触れても大丈夫な素材で、水に溶かすとpH8.2の弱アルカリ性になります。重曹を水と混ぜてスプレーにすれば、油やタンパク質による汚れを落とすことができます。

キッチンの油汚れや壁、家具などに付着した手垢などを落としたい場合には重曹水を使うとよいでしょう。アルカリ洗浄液は油やタンパク質を落とすことができますが、液性が強くなるほど手肌への影響も大きくなります。肌に必要な油分まで落とすと肌荒れを起こしてしまうので、敏感肌の場合などゴム手袋を使い直接触れないようにするとよいでしょう。食器などを洗う場合にはまず中性洗剤を使い、汚れが落ちない場合にはアルカリ洗浄を試すのがおすすめの方法です。

アルカリ洗浄液の中には、pH14の水酸化ナトリウムのように非常に強力で危険なものも存在します。水酸化ナトリウムは劇物に指定されており、皮膚に触れたり目に入ったりした場合には壊死や失明の可能性があります。薬局などで購入できるため頑固な油汚れなどの洗浄に使われることもありますが、実際に使う場合にはゴム手袋の他にマスクやゴーグルなどを用意して肌や粘膜を守らなければなりません。市販されているアルカリ洗浄液には様々なものがあるので、液性や安全性を確認して用途に合ったものを選ぶことが大切です。

アルカリ洗浄液のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です