デスケーラーならば硬いスケールも簡単に除去できます

熱交換器やクーリングタワーなどの内部では、カルシウムやシリカなどの無機塩類がスケールとなって析出します。厚く堆積したスケールをそのままにすると性能低下や故障の原因になるので、定期的にメンテナンスを行い除去しなければなりません。スケールは非常に硬く水に溶けにくい性質がありますが、強酸性の洗浄液を使えば素早く溶かすことができます。一般的な強酸性は優れた洗浄力を備える一方で、人体や環境への影響が大きく金属を腐食させるというデメリットがあります。

デスケーラーは強酸性の洗浄液ですが、人体や環境に優しく金属の腐食が少ないため熱交換器などの洗浄に適しています。塩酸をベースとする強酸性の洗浄液であるデスケーラーは、素手で触れても怪我をしないので安心です。洗浄作業にはゴム手袋などの保護具を着用しますが、万が一素手で触れても水で洗い流せば除去できます。また生分解性があるため外部に排出しても水中の微生物によって素早く分解されます。

人体や環境に優しいだけでなく金属の腐食が少ないため、濃度を間違えて装置を壊す危険性も低くなります。デスケーラーを使って作業を行う場合、スケールの処理に必要な時間は一般的な洗浄液の5分の1ほどです。腐食性も一般的な製品の4分の1ほどなので、装置の破損をあまり気にせず作業を行うことができます。熱交換器などに堆積した硬いスケールを除去する必要がある場合には、強酸性の優れた洗浄液であるデスケーラーを使うとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です