熱交換器などの洗浄におすすめのデスケーラー

熱交換器などの内部に堆積したスケールは水に溶けにくく非常に硬いため、金属製の工具などで削り落とすのは困難です。スケールの主成分はカルシウムやシリカなどの無機塩類であり、強酸性の洗浄液を使えば簡単に溶かすことができます。一般的に市販されている強酸性の洗浄液は、優れた洗浄力を備えているものの劇物に該当するため危険です。環境への影響も大きく金属を腐食させるため、十分に注意して扱わなければなりません。

しかしデスケーラーならば一般的な製品とは異なり洗浄力と安全性を両立しており、熱交換器などの洗浄に気兼ねなく使用できます。熱交換器やクーリングタワーなど内部で流体として水を通す装置は、水中の無機塩類が濃縮されてスケールとなって析出します。ろ過器や軟水器などを使えば原因物質である無機塩類自体を除去できるので、スケールが発生しなくなります。ただしろ過器や軟水器は導入と維持に費用がかかるため、気軽に利用できないというデメリットが存在します。

仮にスケールが堆積したとしても、デスケーラーを使えばあまり費用をかけることなく素早く安全に除去できます。熱交換器などの内部に堆積したスケールを放置していると、性能低下や故障の原因になるので早めに対処する必要があります。費用を抑えて安全かつ効率的にスケールを除去したいのであれば、デスケーラーを試すとよいでしょう。デスケーラーは洗浄力と安全性を両立しているだけでなく環境に優しく金属の腐食も少ないため、熱交換器などの洗浄に最適です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です