スケール対策が必要ならばデスケーラーがおすすめです

熱交換器などのスケール対策を検討しているのであれば、洗浄力と安全性を両立したデスケーラーがおすすめです。この洗浄液は塩酸をベースとしており、強酸性なのでカルシウムやマグネシウムなどの無機塩類を素早く溶かすことができます。水中に含まれる無機塩類は水が循環と蒸発を繰り返すと急激に濃縮され、スケールとなって析出します。熱交換器などの内部に付着したスケールは非常に硬くて水に溶けにくいため、手作業で削り落とすには膨大な時間と労力が必要になります。

デスケーラーのような強酸性の洗浄液を使えば、短時間で素早く溶かすことができます。一般的に強酸性の洗浄液は劇物に該当するため素手で触れることができず、環境への影響も大きいというデメリットが存在します。また金属を腐食させるので濃度を間違えると装置を損傷させてしまいます。デスケーラーは一般的な洗浄液とは異なり洗浄力と安全性を両立しており、様々な場所で気兼ねなく使うことができます。

素手で触れても怪我をすることはなく、環境への影響にも配慮した設計になっています。金属の腐食は一般的な洗浄液と比べてほぼ4分の1なので、装置を損傷する心配も不要です。デスケーラーを使って作業を行う場合には万が一に備えて保護具を使用しますが、皮膚に付着した場合でも水洗いすれば問題ありません。環境に配慮した生分解性なので、外部に排出した場合でも微生物の働きで素早く分解されます。

安全かつ確実なスケール対策を望むのならば、優れた洗浄液であるデスケーラーを使うとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です