デスケーラーの概要と仕組みについて

デスケーラーとはボイラー内にできる、スケールを除去する薬剤などのことを指します。ボイラーで水を上記や熱水に帰る際に、水分中に含まれる微量なカルシウムやマグネシウムが濃縮されることで遊離し壁面に付着します。その付着したものをスケールと呼びますが放っておくと配管をふさぐなどのトラブルになりかねません。最悪の場合配管が破裂したり熱効率が下がることで十分な温水を供給できなかったりするため、定期的な除去が必要なのです。

温泉施設でよく「湯ノ花」のようなものが壁面に付着したのを見たことがあるかもしれません。まさにボイラー内ではこのような現象が起きていて、カルシウムやマグネシウムの成分が多い温泉成分が遊離した結果なのです。これは、付着すると非常に硬くなり取り除くのが厄介です。デスケーラーの主な成分は強力な酸性成分で、ボイラー内に付着している物質を溶かして除去します。

一方で酸は配管を溶かすデメリットもありますが、最近のデスケーラーは腐食性が低いよう成分配合されていて格段に使いやすくなっているのです。これは添加剤の働きによるもので、溶かしたい物質だけを溶かしたり遊離させやすくしたりすることが可能となりました。要はボイラーを構成している鉄分などは解けるのを防ぎ、取り除きたいカルシウムやマグネシウムは遊離しやすくしているのです。また洗浄時間を短縮させることも可能になったため、さらにリスクを下げることができるようになっています。

デスケーラーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です