省エネは地球の保全にかかわっています

省エネとは昭和50年代前半に流行した言葉です。国内に石油が入ってこなくなり、石油が高騰して不景気になったころです。そのためエネルギー(電気、ガスなど)を省く(節約)しましょう、といった国民に投げかける言葉として今は社会に定着してきました。その結果、一人ひとりが省エネに対して、しだいに心掛けてくるようになってきています。

一人ひとりも心がけと同時に、電気関係の機械類などの技術がずいぶん進歩してきて、いかにしてエネルギーを少なくして機動性を増すかといったことも定着していると言ってもいいでしょう。省エネという言葉が生まれて40年以上経ってきており、その言葉に新鮮味がなくなったことは、この言葉自体が当たり前というようになってきているからなのです。ですから国民一人ひとりが本当の大切さを知ってもらうことは大きな意味があるのです。地球の資源は無限ではないので、資源が枯渇する前に、どうするかといった考え方などはひじょうに大切です。

枯渇してしまっからでは遅いので心がけも大切です。また省エネに取り組むということは、地球の環境にやさしいいった考え方もであります。資源を無駄なく有効に使い、限られた資源をいかにして使うといったことはこれからの人類や地球の未来に明るい兆しを持つことと同じです。小さいうちから省エネへの意味を持たせることは自分達や地球環境を保全するうえでたいへん大事であり、資源という意味合いをしっかり理解してもらうことなのです。

省エネのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です