機器の安定稼働に欠かせない熱交換器メンテナンス

さまざまな機器は稼働する時に機器内に熱を発生します。この熱を放置すると、機器を構成している部品や機器の接合部などが熱によって溶解などを起こして壊れてしまうことがあります。このため機器には熱を放出する目的で循環水やファンなどが取り付けられていて、さらにこの冷却装置を冷やしたり温める働きをしているものが熱交換器です。機器の安定稼働にはなくてはならないもので、この部分が常に安定して稼働しているかを調べる熱交換器メンテナンスは大切な業務です。

熱交換器メンテナンスは交換器の補修や熱効率の低下防止などの目的で実施します。熱交換器には水を循環させる管と冷風を送るファンが一体になっているものや、機器の周囲に循環水が流れるプレートを設置するもの、ファンにより冷風を送るものなどがあり、正常な状態を調べることで不備が見つかります。不備には循環している水の圧力の低下、循環に使用しているガス漏れなどの稼働状態を専門の点検員が見て正常、注意、欠点があるかを調べ補修方法を提案します。能力を回復するには、プレートに付着している汚れの洗浄や補修、ガス漏れの補修などを行って熱交換器の動きを正常に改善します。

熱交換器は長年使用すると汚れが付着したり、使用している接合部の溶解、腐食性の液体によるさびなどが生じます。定期的に熱交換器メンテナンスを行うと、不備の早期発見につながり、壊れて大掛かりな修理で莫大な費用が発生することを防ぎます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です