熱交換器メンテナンスで性能を取り戻す

熱交換器メンテナンスを行うことで、省エネにつながります。熱交換器は熱交換を行うので、熱伝導率が下がると性能が低下し、消費するエネルギーも増大します。そこで、熱交換器メンテナンスを行い、熱伝導率を維持することでエネルギー消費を増加させないという方法で省エネに貢献します。また、熱交換器メンテナンスをすることで熱交換器に対する負荷が軽減されるので、寿命が延びるのもメリットです。

何もしないと熱交換器は本来の性能を発揮できなくなるだけでなく、その寿命も短くなっていくので、メンテナンスをすることはとても大切です。熱交換器の伝道率低下に影響するのは、配管内のスケール付着なので、メンテナンスで主に行うのはこれを除去することになります。スケールは固着してしまうと単なる線上では落とすことができません。そこで、化学反応でスケールを分解する洗浄液を活用します。

これは、業者のサイト等で売られているので簡単に入手することができます。これを定期的に行うことで、スケールの層ができてしまうことを防げるので、熱交換器を使っているのであれば定期的に行うようにしましょう。場合によってはこれを行うだけで、設置当時の性能に戻ることもあります。それほど、スケールは熱交換器にとって大敵です。

専用の洗浄液の中には、安全に利用できる素手で触っても大丈夫な物もあるので、心配な方はこのような製品を選ぶのがおすすめです。やり方等はサイトなどをチェックして調べましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です