熱交換器メンテナンスでは機器洗浄が必要になる

熱交換器は熱交換によって、冷却や温めたりする機器です。そのため、その性能が落ちてしまえば困ってしまいます。例えば、工場での生産や温泉の循環設備などで熱交換器は使われますが、機器の不調で停止させるとなると営業ができなくなるので、経済的損失も大きいです。そうならないようにするためには、日ごろから熱交換器メンテナンスをこまめに行い、性能を落とさないことが大切になります。

熱交換器の大敵は汚れです。汚れは熱伝導率を下げてしまうからです。これは、配管を用いるタイプでもプレート式でも同じことです。汚れは定期洗浄を行うことで取り除けますし、作業はきちんとルールを守れば危険もありません。

したがって、性能を維持するためにも行いましょう。熱交換器の熱伝導率が下がることで、燃料代も高くなります。大規模な機器を運用している場合は、少し性能が落ちただけでも大きな差になります。長いこと放置している場合は、熱交換器メンテナンスをするだけでもコストを抑えることに繋がる場合もあるほどです。

熱交換器メンテナンスは、自分ではできない故障に対処しなければならないこともあります。そうした時は、経験豊富な専門業者に依頼して直してもらいましょう。そもそもの原因特定が難しい場合であっても、専門業者なら調査してきちんと不調の理由を見つけて、それに対処する方法を持ち合わせています。業者に定期点検を任せることも、未然に故障を防ぎ、寿命を延ばすことに繋がります。

熱交換器メンテナンスのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です